實川 風 ピアノリサイタル

實川 風 ピアノリサイタル

6月14日(土) 開場 13:30 開演 14:00 [JTアートホールアフィニス] 全席自由:\2,500

ピアノから引き出される、柔らかく透明感あふれる美音。實川風 ピアノ・リサイタル。

昨年9月、パリの教会で活躍したオルガニスト、フランク晩年の大作「プレリュード・アリアとフィナーレ」、ラヴェル「ラ・ヴァルス」らを取り上げ、その美しい音と、大胆ながらも緻密で作品に深く共鳴した音楽を聞かせた實川風。今回満を持して披露するのは、ベートーヴェン中期の傑作ソナタ「ワルトシュタインソナタ」と、ロシアを代表する作曲家であるプロコフィエフの大作「戦争ソナタ」という、巨大なピアノソナタ2曲。生まれた国も時代も全く違いながら、ピアノソナタという形式を生涯突き詰めた二人の作品に、新たな光を当ててくれるだろう。 また、シューマンとショパンという、ピアニストとピアノファン双方にとって大切なレパートリーである2人の作曲家の作品から、ソナタとは対照的な小品集を選曲したところが実に興味深い。

【出演】
實川風(じつかわ・かおる)

次代を担う新進気鋭のピアニスト。東京藝術大学附属高校・東京藝術大学を首席で卒業。現在、同大学大学院(修士課程)に在籍。2007年ショパン国際コンクールin ASIA金賞、08年日本音楽コンクール3位、名古屋国際音楽コンクール1位、13年サザンハイランド国際ピアノコンクール2位(オーストラリア)等、数々のコンクールで優勝・入賞を果たす。これまでに、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、キャンベラ交響楽団、東京交響楽団、東京フィル、名古屋フィル等と協演。全国各地でリサイタル活動の他、上海音楽祭、ソウル国際音楽祭にも出演。「多彩な音色」と「しなやかな音楽性」が評価され、東京フィル首席メンバーとの共演等、室内楽でも活躍している。2011年シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。公式HP:http://kaoru-jitsukawa.com

【プログラム】
シューマン : 蝶々 Op.2
ベートーヴェン : ピアノソナタ 第21番 ハ長調Op.53「ワルトシュタイン」?
ショパン : 4つのマズルカ Op.24
プロコフィエフ : ピアノソナタ 第6番 Op.82

?【お問い合わせ・お申込み】
サポート・アーティスツ・アソシエーション 
050-3695-5678(平日10:00?17:00)
prime_s_artists@yahoo.co.jp?